検索結果がおかしいゾ!!

GoogleやYahooの検索結果が、見るパソコンやスマートフォンで違うことがある事はSEOをかじった事がある人なら誰でも知っていると思います。
また、スマートフォンなどでは、同じスマホなのに検索する場所が違うと、検索結果が異なる場合があります。
 
PCで検索結果が違う場合
これは、そのPCでよく見るサイトが、他のPCでは10位とか20位とかでも、そのPCだけは1位や2位に表示されやすくなります。
特に自分の会社やお店のホームページを作っているパソコンで見ると、この現象はよく見られます。
 
スマートフォンで検索結果が違う場合
スマートフォンの場合、検索する場所によって検索結果が異なる場合と異ならない場合があります。
異なる場合、ほとんどが地域や場所が重要な関わりを持つキーワードで検索した場合です。
例えば、「美容室」を新宿で検索すると、新宿の美容室が上位表示されやすいです。
同じ「美容室」でも、池袋で検索すると、やはり池袋の美容室が上位表示されます。
これは、「美容室」は場所と密接な関係があるからで、北海道で検索した人に新宿の美容室を見せても、何の価値もないとGoogleなどが考えているからでしょう。
場所によって適切な結果を表示させる仕組みは、GPS機能です。
 
スマートフォンで検索結果が違わない場合
これは、検索したキーワードが、地域や場所とはあまり深い関わりがない場合に起こります。
例えば、「インターフェイスとは」とか、「胸痛 病気」などは、場所とは関係ないキーワードです。
どこで検索しても、検索結果が同じで問題ありません。
 
どうしても正確な順位を知りたい場合
自分の会社やお店のホームページを作ったPCで検索すると、どうしても実際とは違って上位に表示されやすくなってしまいます。
このような場合、どうしても正確な順位を知りたいという時に便利なのが、検索順位チェックツールです。
いろいろとありますが、単に順位だけを知るだけで良いのであれば、検索順位.comがお勧めです。
ログインIDの取得など不要で、いつでも誰でも利用でき、Yahoo、Google、Bingの検索結果を同時に見る事ができます。
 
他で便利なものとして、登録が必要になりますが(もちろん無料)検索結果の動向をグラフで確認できるFerret(フェレット)があります。
検索結果が突然大きく変動した日が一目瞭然でわかるので、SEO対策の参考になる場合があります。
 
検索チェックツールを利用しても検索結果が違う場合
普段あまり使わないPCで検索した場合、あるいは普段あまり検索しないキーワードで検索した場合、それらの検索結果はほぼ正しい結果です。
しかし、検索順位チェックツールで同じキーワードで検索した際の結果が違う場合があります。
しかも、YahooとGoogleの検索結果も違うのです。
ご存じの通り、現在(平成24年8月)ではYahooはGoogleのエンジンを使っているので、検索結果は同じはずです。
なのにどうしてズレるのでしょうか?
コレ、実はズレていないんです。
例えば普段あまり使わない会社のPCなどで検索した場合、サイトAが10位に表示されていたとします。
この場合は本当の検索結果がそのまま表示されているものと思われます。
にも関わらず、検索順位チェックツールで検索すると、Yahooが15位、Googleが20位とズレる事があるのです。
一体なぜこのような現象が起きるのでしょうか?
これの正体はドメインフィルターです。
ドメインフィルターとは、1つのドメイン内でページが複数ヒットした場合、2件までしか表示しないようにフィルタリングしているものです。
そうしないと、あるキーワードで検索した際、検索結果が1つのサイトに占領されてしまう可能性があるからです。
今迄は長年にわたってドメインフィルターが解除されることはありませんでしたが、ここ最近、Googleで同一ドメインのページが無数に表示される事が多くなりました。
さて、問題の「ズレ」の現象ですが、例えばiphoneで検索するとドメインフィルターがかかっているのに、PCで見るとドメインフィルターがかかっていない場合が最近では見られます。
先ほどのサイトAがフィルタリング処理済の10位でも、サイトAの前(9位以内)のサイトの中で、複数ページが上位表示される強いサイトがあると、フィルタリング未処理状態ではサイトAは10位よりも後ろにズレるのです。
それともう一つ、「検索順位.com」で検索した場合、GoogleとYahooの検索結果がズレる理由は、単にYahooだけが広告サイトが上に表示されてしまうからです。
広告サイトを除けば、順位にズレがない事が確認できます。
 
下の図①は、Googleで「SEO」で検索した検索結果の10位、「SEOチェキ!無料で使えるSEOツール」を対象に検証した例です。
さらにその下の図②は、検索順位.comで「SEO」で検索した画面です。
さきほどのGoogle検索10位の「SEOチェキ!無料で使えるSEOツール」が、Googleで13位、Yahooで16位になっている事が確認できます。
さらによく見ると、緑色で囲った部分が同一ドメインページ3件、紫色で囲った部分が同一ドメインページ2件が表示されている事が確認できます。
これはドメインフィルターがかかっていない状態で、Google本体で検索しても現れる事が最近多く見られるようになりました。
 
図① Googleで「SEO」で検索した際の1位~10位の検索結果
Googleで「SEO」で検索した際の検索結果画面
 
図② 検索順位.comで、同じく「SEO」で検索した際の結果画面
ドメインフィルターがかかっていないので、順位がズレていることが確認できる。
検索順位.comでの検索結果画面