コンテンツSEOについて

SEOのお話です。
最近のGoogleは凄いですよね。
パンダやペンギンなど、SEOを仕事にしている人、あるいは自分でSEOを実践して、ネットで収益をあげている人にはものすごく気になることでしょう。
僕もかつてはSEOの仕事に携わってきたので、ペナルティの恐怖は十分に理解しています。
そんな中、最近よく「コンテンツSEO」という言葉を聞きます。
コンテンツSEOとは、外部リンクなどに頼らず、コンテンツの価値を高め、上位表示を目指すというものです。
コンテンツSEO発想の原点は、ペナルティのリスクを無くすことです。
ペナルティは不自然なリンクが増えれば増えるほど発動リスクが高まり、リンクが少なければ少ないほど、ペナルティを喰らう危険性も少なくなります。
こうしたことから、Googleのアルゴリズムに左右されないSEO対策として、最近注目されているSEO対策なのですが、ここで一つ疑問が生じます。
Googleの検索結果で何を上位に表示するかは、パンダやペンギン導入後も、被リンクは重要な要素であることには変わりありません。
検索結果を見れば一目瞭然ですし、不自然なリンクを取り締まること自体、現在でもリンクが大きな意味を持つことを証明しているようなものです。
実際、被リンクなしで上位表示をしているものは、キーワードの競合率が低いものばかりですし、競合の激しいキーワードで上位表示しているものは、超がつくほど有名なサイトばかりです。
有名なので、当然他人がリンクもしてくれますので、これが自分ではリンク集めをしていないのに、上位表示されている大きな理由です。
では、個人が運営する営利目的のサイトや、アフリエイトサイトなどはどうでしょうか?
とてもじゃないですけど、他人が勝手にリンクしてくれるようなコンテンツを作ることは不可能です。
営利サイトでも、他では探すことができないオリジナルの商品を販売している場合などは可能かもしれませんが、ほとんどの業種は多数の競合相手がいるのが普通です。
そのような状態でリンクを自分で集めないで上位表示なんかできるのでしょうか?
そんなにあまいものでなないですよね。
BIGキーワードであればなおさらです。
コンテンツSEOは確かに重要です。見る人がほしい情報を素早く正確に得られるようにサイトを作ることはとても大切な事です。否定はしません。むしろ肯定します。
ただ、それだけでは上位表示は絶対に無理です。
コンテンツSEOとリンク集めの両方を実践しなければ、ネットで収益をあげることはできません。
一言付け加えると、リンク集めのリンク元となるサイトも、コンテンツSEOを実践していなければいけないという点です。
これがパンダやペンギン後の大きな課題です。

SEOをやっている人はご存知だと思いますが、パンダはコンテンツそのものを評価するアルゴリズムで、特に重複コンテンツを厳しくチェックするプログラムと言われています。
一方のペンギンは、外部リンクを評価するアルゴリズムで、不自然なバックリンクに対抗するプログラムです。
特にリンクの購入や、自作自演に対する不正検知能力が向上されたものと言われています。
この2つのアルゴリズムを融合すると、本命サイトのコンテンツの充実度はもちろん、リンク元のコンテンツ充実度も重要となるのです。
今まで自演サイトをSEOの柱とした対策をしてきた方は、それらを一度精査する必要があるでしょう。
チェックする項目は

1.既にネット上でいくらでも得られるコンテンツでないかどうか(重複コンテンツ)
2.オリジナル性があり、かつ存在価値があるコンテンツかどうか
3.ボリューム(ページ数・文字数・画像数・情報量)
4.何よりも見る人に役に立つコンテンツかどうか。一つの考え方として、再度訪れてくれそうかどうか

ざっとこんなもんでしょうか。
1~4が完璧であれば、コンテンツとしての評価は高いはずです。
少なくともペナルティリスクはほぼ皆無といっても過言ではないでしょう。
どこかのニュース記事を丸ごと転載しただけのコンテンツなどは、今すぐ閉鎖した方が賢明です。
僕が考えるコンテンツSEOとは、本命サイトの充実を図るだけでなく、リンク元もコンテンツSEOを実践しましょう!!ということです。
これが実践できれば、間違いなく最強のSEO対策ができるでしょう。