不正リンク警告メール

最近SEOの世界で話題となっているのが、Googleからの不正リンク警告メールです。
これは、GoogleのWebマスターツールを使用することで見ることができますが、少しでもSEOをかじっていると、かなりの高確率でこのメールが届くそうです。
僕はTOPページでも書いたように、現在ではSEOから離れた位置で日常を過ごしていますので、SEOをやる理由がないのでWebマスターツールは利用していません。
元々、GoogleのWEBマスターツールを利用する人の多くは、何らかのリンク対策をしているのではないでしょうか?
だからインデックスの状況や、警告メールも気になる。
気になるからWebマスターツールを利用する。僕はそういう人が多いのではないかと考えています。
僕が以前に参加していた某SEOセミナーでも、この問題は取り扱っていました。
セミナー側の結論は、「現在ペナルティを受けていないのであれば、絶対に無視しろ」でした。
慌ててメールをしようものなら、Googleの思うツボだとの事です。
当時はイマイチ漠然としなかったのですが、最近の記事を見ているとどうやらGoogleは大量にこのメールを発信しているようなのです。
SEOといえば鈴木謙一氏が有名ですが、海外SEO情報ブログでは、GoogleのWebスパム部門責任者、マットカッツ氏が公式ブログで詳細な説明をしていることを、日本語に要約した形でわかりやすい解説をしていますので、興味のある方はご参照下さい。
鈴木謙一氏の説明によればこうです。
「Googleが大量に送信した不自然なリンクに対する警告メールは、必ずしも全て黒ではない。
事実、全く無実なサイトにまでこのメールが送られている事例もあり、それほど悩む必要もない。
しかし、放置しておいて良いというものでもない。」
今すぐどうこうしなければいけないというものでもないが、心当たりのある人(リンク購入や自作自演等)は、今すぐにそれらのリンクを外しなさいという事です。
今は大丈夫でも、今後のアルゴリズムの変更によって、大きなダメージを受けるかもしれません。
危険なリンクは、今のうちに外した方が無難ということでしょう。
そうはいっても、現在上位表示に成功している人は、なかなか踏ん切りがつかないのではないでしょうか?
だって外したらペナルティの危険性は回避できても、今度はランキング的に落ちるのは目に見えているわけですから無理もありませんね。
Googleは決して自分が保有する別のサイトからリンクすることを、必ずも禁止しているものではありません。
全く異なる事業を複数経営している場合等は、十分にありうるからです。
ですので、コンテンツの充実したサイトをどんどん立ち上げ、来るべきその日に備える必要があると思います。
つまり、ホワイトハットな自作自演、鈴木謙一氏は、これを「アシストページ」と呼ぶのはどうか?と、記事で書いていました。
自分の本命サイトとは別に、それらを補足するコミュニテサイトだったり、本命サイトで扱う商品の詳細情報・関連情報・口コミ情報等、正々堂々と見てもらう為のアシストサイトを、これから如何に工夫して作れるかが勝負どころとなると思います。
鈴木氏が提唱する「コンテンツSEO」の時代が、もうそこまできていることは間違いありません。